スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満足のいく庭を、少しづつ つくる。

DSC_2569.jpg
国分寺の家で外構工事が始まりました。
引渡しの際にあまり手を入れていなかった部分に手を入れていきます。
実際に住んでみて、必要なものが見えてくることが多々あるので、
引き渡してからも色々なお手伝いをさせて頂いてます。

DSC_2581.jpg

選んだ木で建てる。

DSC_2448.jpg

各地の木が集まる木材置き場に、千葉の家で使う木材を選びに行きました。

木材に詳しいバイヤーの方と木材加工の担当者と私で、ここはどの木にしようか、あそこはどれにしようか、と図面と木を見ながら、入念に検討。

当然ですが、木は一本一本木目が違います。産地によってゆっくり育ったか、また急速に育ったかが、木目に現れてくるのです。

倉庫の奥には魅力的な木々が大量にストックされていて、色々な場所で使いたくなりました。

DSC_2440.jpg

DSC_2442.jpg

DSC_2445.jpg

DSC_2443.jpg





Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインの住宅をつくるエアサイクルハウジング株式会社で設計を担当。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践。徳島県出身。

<設計で大切にしていること>
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシーの両立
・空間の柔軟性
・その場所の気候風土に合う
・飽きないデザイン

logo.png
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。