スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAC住宅 現場説明会を行いました。

R0027546.jpg

今日は登戸の家 建築現場にて、PAC住宅の説明会を行いました。
福島県二本松市の工務店の方々が来てくださいました。

現場監督の堤がPAC工法の施工方法について、説明させていただきました。
手前に写っているのはスーパー越屋根(コシヤネ)。屋根の上に設置します。
日本の住宅において伝統的なパッシブ建築手法である、越屋根を現代的に改良し、より空気を排出できるようにしたオリジナル部材です。

夏場の湿気を排出してくれます。

コシヤネ


社長様と大工4名様より様々な質問やご意見を頂き、充実した研修になりました。

※弊社HPより
PAC工法は一棟から建築可能なオープン工法です。
日本の木造軸組工法を愛する地元工務店とのパートナーシップにより、日本各地でPAC住宅は建てられています。

詳細はこちら↓
PACパートナーシップについて


Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png

New

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。