自然素材 荒床 八王子本町の家

R0013697のコピー


寒い日が続きます。。。
増税前で何かと慌しい時期なので風邪対策に特に気をつけています。

今日は朝から八王子の現場に検査の立会いとチェックに行きました。

写真を見ると既にきれいな杉の床が仕上がっているように見えますが、これは荒床(アラユカ)といって床の下地材です。
下地なので完成すると見えなくなってしまう部分です。一般的には合板を使うところを、PAC住宅では杉の無垢板を使っています。
合板を使わず無垢板を使う理由はシックハウス対策や木の持つ調湿性能を生かすことにあるのですが、見えなくなるのがもったいないぐらいきれいで良い香りがしました。

陽当たりも良く無垢の木の心地好い空間でついつい長居をしてしまいました。

エアサイクルハウジング 山下


R0013687のコピー



PAC住宅 エアサイクルハウジング株式会社
自然素材と省エネリフォーム  エアサイクルハウジング株式会社



コメント

非公開コメント

Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png

New