マンションで健康な生活を送りたいという方へ、エアサイクルリノベのご提案

こんにちは!
設計の山下です。

昨今、都心のマンションを自由にリノベーションして、便利で豊かな暮らしを実現するスタイルが一般的になっています。
今回は、私たちがマンションリノベすると、どうなるか、、、少しだけ説明したいと思います。

エアサイクルリノベの主な特徴です。

自然の光と風を徹底的に活用する自由な間取り
マンションは風通しが悪く、暗い(特に北側)イメージがありますが、間取りの工夫次第で、風通しが良く光が廻る空間に変えることができます。
特に玄関→中廊下(両側に個室)→浴室などの水廻り→キッチン脇を通ってリビング+建具で仕切る部屋といったマンションによくある間取りの場合、リビングから玄関側の居室への通風・採光をどうするかを考えます。

鉄筋コンクリート造だからこそ温か味のある無垢の木や漆喰で仕上げたい
経年美化、調湿効果、癒し効果が期待できます。

エアサイクルシステムで温度差の少ない部屋に
マンションの二重床を活かした通気システムです。
南側の日光で温められた空気を日の当らない北側に送り、温度差の少ない空間を目指します。

マンションリノベは土地に加えて建物の特徴をよく理解し、その良さを最大限活かしたいと考えています。
都心の利便性、コストパフォーマンス、ワンフロアの気軽さ、に加え、光と風を感じる健康的な生活を提案したいと考えています。

事例です・・・・間仕切りをなくし広々と、部分的に床に高低差をつけ落ち着きと解放感に変化をつけました。
仕上げは無垢の木の床、漆喰の壁天井としました。ルーフバルコニーのある住戸だったので、周囲の緑とつながるような庭を設けました。
IMA_2623-01 (800x532)

お問い合わせはこちらより

雨の日の洗濯用、室内物干金物を設置しました!!

室内で、洗濯物を干す為に、
アイアン製のオリジナル金物を設置しました。
現場監督の堤が奥様とお嬢様から、設置したい場所をヒアリング。
と言っても、色々な選択肢があるので、洗濯機の位置がここ、エアコンの位置がここ、洗濯物の量がこれくらい、、、など、あーだこーだ、一緒に考えます。
DSC_2334.jpg

お嬢様も真剣です。
DSC_2327.jpg

設置する場所が決まったら、天井の下地を探します。こればマグネットでビスの位置→下地の木材の位置を探しています。
H様邸は堤が数年前に施工管理させて頂いたお宅。堤は家の構造の全てを知り尽くしているのです!
DSC_2321.jpg

位置が決まったら、迷わず施工。
DSC_2341.jpg

完成!
DSC_2356.jpg


雨の日が待ち遠しいと、とてもよろこんでいただけました。

Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png

New