国分寺にて敷地調査。

R0019955.jpg


今日は国分寺市へこれから計画が始まるPAC住宅の敷地調査と役所調査に行きました。

敷地を見て、測り、近所をぐるぐる歩き、役所の方と色々話すことで、その場所の雰囲気が体で感じられます。
ここにどのような生活が始まるか想像しながらの作業です。


空が広くて緑が多く、のどかな風景が広がっていて、清々しい気分になりました。

山下

東伏見で体感会があります↓↓
無垢の木と本物の漆喰をふんだんに使ったスケルトンリフォームの空間を体感!!
自然素材体感会&リフォームセミナー



R0019948.jpg



さいたま市C邸 収穫

R0019804.jpg


こんにちは。
さいたま市C邸の敷地には建築前より開墾されていた畑があります。
週末に畑で野菜を育てていらっしゃるC様、今日は夏野菜の収穫、そしてこれから秋野菜を育てる為に自作のコンポストを持って来られました。
美しいカボチャや茄子が収穫されていました。

C邸も着々と工事が進んでいます。
来週より壁通気層の検査、階段の施工、構造見学会と続きます。
PAC住宅は壁の内外に通気層があり、太陽熱を熱めて建物全体に分配するという機能を持っています。
その為、断熱・気密施工はとても大切です。
10/12 さいたま市C邸 構造見学会

木と土と緑の香り溢れる気持ちの良い一日でした。

山下


R0019798a.jpg



R0019801.jpg


R0019809.jpg

今日の仕事

20140913.jpg


R0019727.jpg


今、私のデスクは様々な設計課題で溢れています。

いくつかの住宅の間取りのプランニングだけではなく、工事中の現場で必要な施工図やPAC住宅での標準的な納まりの検討を実際の材料を触りながら進めていきます。どれもとても大切な仕事で、時間はかかりますが一つ一つ着実に行います。最終的に現場で監督や大工との打ち合せを行い詰めていきます。
これらが実って住まい手の幸せな生活がスタートすることを想像しながら、これからも検討していきます。

山下


Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png