訪問 井の頭の家 

R0015094のコピー


今日は、昨年秋にお引渡しさせていただいた井の頭の家を訪れました。
その目的は色ムラのあったウッドデッキ材を一部張替える為です。

作業の間に、I様ご夫妻より住まい心地についてのお話を伺えました。。。

この住宅はエアコンかくれん房をメインの暖房としているのですが、ご夫妻はからは
「とても暖かく快適」との言葉をいただけました。結露もしないし空間に温度差が無い、特にトイレ(北側)が暖かいとのこと。
ご主人は仕事から帰宅されるとリビングのソファでゆっくり過ごすことが楽しみで、
いつもそのまま寝てしまうことを奥様が心配されていました。

時々お施主様とお会いしてこのようなお話が聞けることは大変嬉しく(それ以上に緊張もしますが、、、)
今後の仕事にも活かしていきたいと思いました。


R0015090のコピー

八王子の家 エアコンかくれん房

R0014897のコピー

大雪後の八王子本町の家です。
都内では珍しい積雪量で雪害があちこちで発生していたようです。
幸い事前に設置していた屋根の雪止めが機能して徐々に融雪されていました。

内部はタモの板の階段ができてきました。
階段下にある床の開口はPAC専用の暖房システム、”エアコンかくれん房”の為のものです。
床下に暖気を流し、床下から壁、天井へとゆっくりと空気が流れていきます。

外壁はこれからで今はまだ断熱材を施工しただけなのですが、窓を閉めると
とても暖かく感じました。

R0014832のコピー



PAC住宅 エアサイクルハウジング株式会社
自然素材と省エネリフォーム  エアサイクルハウジング株式会社




八王子の家 構造見学会

R0013710のコピー

八王子本町の家、屋根が葺き上がりました。
ガルバリウム鋼板という耐久性の高い金属板で、今回はタテハゼ葺きという葺き方を採用しました。

上にいる板金職人さんはPACオリジナル部材のスーパー腰屋根換気口を設置しています。
屋根の上でも滑りにくい靴のことなど道具に関するお話をいろいろ聞かせてくれました。


今週末、構造見学会を開催します。2/16(日)10:30~、13:30~
普段見ることのできない建物の中身が見える状態で、PAC住宅の構造について、
実空間を見ながら説明させていただきます。

ご興味のある方はぜひいらしてください。※JR八王子駅から徒歩10分
連絡は下記までお願いします。

エアサイクルハウジング株式会社
東京都中央区日本橋2-9-4 日本橋C&Iビル3階
電話 03-5255-3771
ファックス 03-5255-3772
e-mail: passive@pppac.com



Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png

New