倉敷 O邸 上棟

R0010791のコピー

約6年前から計画していた倉敷市のO邸が今秋上棟し、着々と工事が進んでいます。
地元の大工さん親子(西さん)の手により、地元の木材、手刻み加工で組みあがりました。

R0010758のコピー



西大工さんはかなりの銘木好きで工房に何本もの銘木がストックされているそう。
今回のO邸も吟味された材が使われています。


R0010754のコピー


s-R0010803のコピー


R0010780のコピー


R0010764のコピー


PAC住宅 エアサイクルハウジング株式会社
自然素材と省エネリフォーム  エアサイクルハウジング株式会社


井の頭の家 国産無垢材 漆喰

R0011530のコピー


井の頭の家
1F 12.10坪 2F 10.96坪 延床面積 23.06坪

井の頭公園に近い敷地に夫婦二人の為の住まいを建てられるということで2013年3月から計画が始まりました。
住まい手のIさんご夫妻は共働きで、これまでも同じ井の頭公園付近のマンションに住まわれており、この地域を大変気に入られているとのことでした。設計に関してのご要望はシンプルで、無垢の木・漆喰などの自然素材を使うこと、リビングと庭の連続性といった横方向の広がりだけでは無く、天井の高さや勾配を工夫して縦方向への広がりが欲しいというものでした。都内では珍しく東西南北ともに開けている好条件の敷地でしたが、来客が多い隣地からのプライバシーを守るために、外部と繋げる部分と適度に閉じる部分を設けました。建物の高さに関しては希望の天井高を確保しつつ小屋裏収納も得るために、道路斜線では無く天空率という方法で検討しました。その結果、シンプルな切褄屋根でほどよく陰翳のある屋根を架けることができました。
I邸は2階建て、1階がリビング、2階はご夫妻の寝室と水回りという間取りです。床材は1Fがナラ、2Fスギ、壁・天井は全て漆喰で仕上げています。一部吹抜の天井にはアクセントにサワラ材を張り、高さをより感じられるようにしました。キッチンカウンターの中には "エアコンかくれん房"がビルトインされていてPACの躯体内空間を流れる空気が床・壁・天井から輻射してやさしく室内を温めます。
どこに居ても適度な気配が感じられる距離感を設計しました。


R0012020のコピー


R0011792.jpg


R0011853.jpg





R0011905.jpg


R0011556.jpg


R0011942.jpg


R0011817のコピー


R0011835.jpg


R0011929のコピー



R0012915.jpg


PAC住宅 エアサイクルハウジング株式会社
自然素材と省エネリフォーム  エアサイクルハウジング株式会社


Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png