越谷の家 冬の住み心地をご連絡いただきました

こんにちは!
設計担当の山下です。

夏にお引渡しした、越谷市S様より、住み心地の報告を頂きました。(いつもありがとうございます)

※S様はお仕事が超多忙で、お引越しの時間が取れず、先月末よりやっと入居されました。
やっと落ち着いた、とのことで連絡をいただきました。


<室温について>
暖房器具:床下エアコンかくれん房 1台 ※他の暖房器具は利用していない
・設定温度 20℃ ←当初は24℃設定だったが、それだとどうも暖か過ぎたので徐々に温度を下げた結果、落ち着いた温度。
・常時運転
・室温 1階:17~18℃ 2階:1階より1℃高い

※S様にとっては室温18℃が理想

これがPACの効果か~すごく快適、とのお言葉を頂きました。
月末は写真撮影にお邪魔します。


<その他ご意見>
・杉の質感、足触りが良く、暖かい。 (毎年履いていた厚手の靴下がいらなくなった)
・木の階段はしっかりしていて安定感ある。
・オーダーキッチンの天板、シンク位置等を設計段階で微調整したが、とても使いやすい。
・いくつかの窓の目隠し方法を検討したい(プリーツスクリーン・カフェカーテン・帆布 等)
・トイレの窓をもう少し大きくしたほうが良かった。
・LEDのダウンライトは場所によっては眩しく感じてしまう。

写真左下に写っているのが床下エアコンかくれん房です。

R0029671.jpg

概念図  右下の赤い部分にエアコンを設置します。
PAC住宅は床下~壁の中~天井裏が繋がっているので、床下に吹き出した暖気が家全体を廻ります。
※家全体で冷たい部分を無くす、という考え方の暖房です。

1204_ページ_4











越谷の家 ご近隣の方々への見学会を行いました

R0029394.jpg

まもなくお引渡しさせて頂く越谷の家ですが、お施主様が完成見学会の前にご近隣の方々の見学会を行いました。
お施主様はこの地で生まれ育ったので近隣の方々と長くお付き合いされています。

家ができるプロセスを丁寧に解説されていました。

間取りの特徴
1Fはリビングダイニングキッチン、ゲストルーム、水廻りで構成されている。
2Fはワークスペース、寝室、収納がワンルームに納まり、1、2Fは吹き抜けで繋げられている空間。


材料
杉のフローリング、土壁、調湿壁材、無垢の構造材等、自然素材をメインに採用しています。
特に玄関から見える大きな土壁が印象的です。



28日は完成見学会を予定しています。


R0029395.jpg


R0029396.jpg



越谷の家 土壁が出迎える開放的な空間

R0029265.jpg

越谷の家では、メインの壁の仕上げ材として、土を採用しました。

土壁・・・というと 真壁の和室が思い浮かびそうですが、ここでは吹抜けで建物を上下につなぐ大きな壁面に大胆に土を施工しました。

家の中心に吹き抜けがあり、水廻り以外がワンルームとなっているのが越谷の家の特徴ですが、
それを更に強調するように土壁が上下階に亘り存在しています。

また、色も土本来の色を出したい為に、天然の土を使っています。
今回は京都丹波篠山の赤土です。
全国の産地によって土は色が違うのが面白いところです。
もちろん、無垢の木や漆喰同様に調湿性能はあります。

土の持つ本来の表情を出したいと思い、やや荒く仕上げてもらいました。
施工は淡路島の植田親方達です。


IMG_3051.jpg

全国の土の色は様々ですが、ペンキやインクの色とは違っていて、どれも落ちついた色合い。

R0029218.jpg

材料を調合しています。

R0029217.jpg

藁も混ぜます。サイズは様々

R0029216.jpg

藁のサイズは現場で打合せし、適する大きさにカットしてもらいました。
藁のサイズによって仕上がりの雰囲気が変わってくるのでとても重要な打合せです。


話は変わりますが、
施主様より見学会の企画案を頂きました。
こういう見学会はどうか、といつもメールや電話でアイデアをくださいます。
とてもアイデア豊かなお施主様です。
----------------------------------------
エアサイクルハウジング
2016夏の見学会

ちょっと遠いけれど
越谷の家に行こう!

家を建てる上で重要なことは、心地よさではなくその人の生活に即していること
・光量と採光
・風の流れ
・夏と冬の寒暖対策

2階までそびえ立つ土壁
家の中心にある吹き抜け
名古屋モザイクのタイル × 造作キッチン
2階は、吹き抜けを中心に回廊全部が仕切り無し。しかし機能別空間に分割されてる(仕事、就寝、服収納)。
門から続くエントランスへのアプローチは円形階段
エアサイクルハウジングPAC工法:夏は程よく涼しく、冬は程よく暖かい
----------------------------------------

R00292633.jpg

白い壁と赤い土、良い感じになりました。
土はとにかく表情が豊かです。こればとても写真では伝えきれません。


R00292413.jpg

Profile

山下 明彦

Author:山下 明彦
パッシブデザインを得意とするエアサイクルハウジングで木造住宅の設計を担当しています。住まい手との対話から生まれる家づくりを実践しています。徳島県出身。

理想の住まい
・シンプルで柔らかい空間
・質実な素材で
・開放感とプライバシー
・柔軟性のある空間
・その場所の気候風土に合う

logo.png

New